• 優秀な人材を確保し、御社のコスト競争力の改善を、ベトナムオフショア開発を通じて貢献します。
  • 日本の有名なパッケージソフトウェアをベトナムにおける企業様にご提供いたします。
  • IT技術者不足の改善や低コスト打開のため当社ではBPOを推進しています。
  • 業務を改善し、高収益企業を実現するためのERPシステムをベトナムにて開発・販売しています。

新着情報

2014年8月8日、フジネットはソフトウェア開発・品質管理プロセスであるCMMI Maturityのレベル3 (CMMI-Dev 1.3バージョン)の第2回で再認証を取得しました。 詳細はこちら »
株式会社ヴィンクスは、2014年1月にFujinetとの合弁会社Vinx Vietnam有限責任会社をベトナム・ホーチミン市に設立しました。 ヴィンクスは2014年3月時点で1259人の社員を有する日本のIT企業で、アジア一のショッピングモールである Aeonグループ傘下のAeon MallにITサービスを提供する最大規模の企業です。 詳細はこちら »
2013年以降、日本のIT企業の進出先やオフショア開発の委託先は中国からベトナムへ移転する動きが強くなっています。 Fujinetもこの波に乗り、堅実性を保ちながら、さらなる発展を遂げたいと思っております。それに伴い、お客様から弊社に技術者を日本へ派遣するご要望も高まっているため、2014年5月に日本法人株式会社フジネットジャパンを設立しました。 詳細はこちら »
6月12日に、ホーチミン市税務局は2013年度の優良納税者として1214法人及び個人を表彰しました。 詳細はこちら »
2013年度にFujinetは6回のトレーニングコースを実施しました。コースに参加した研修生は合計160名を超えました。研修生は実際のオフショア開発の仕事で必要なスキルを教育されました。 詳細はこちら »