FUJINETによる6月1日国際子どもの日

FUJINETによる6月1日国際子どもの日

 

国際子どもの日である6月1日は「子供の日」と言われ、多くの国において子供に対する特別な祝日になっています。Fujinetではこの日のお祝いとして従業員の子供たちを集めてイベントを開催しました。

 

5月31日、「6月1日国際子どもの日‐子供たちへのプレゼント」というイベントがFUJINET本社で開催され、子供たちと両親が参加しました。会場は様々な飾りや風船、色彩が目を引く画像などが飾られ、広い遊び場で、子供におなじみの歌が流れ、笑い声が溢れた暖かい夜が作られました。

 

イベントに参加したすべての子供たちに、様々な色の可愛いスーツケースのプレゼントが贈られましたので、7月に開催される両親との旅行で使うことができます。また、良い成績の子供には「学校が楽しみ」という奨学金が贈られ、ゲームやパフォーマンスなどに参加したすべての子供にプレゼントが贈られました。

 

FUJINETによる6月1日国際子どもの日 一面に様々な形と色の飾りや風船が飾られました。

 

FUJINETによる6月1日国際子どもの日 子供と親が一緒になって色付けを行いユニークな作品を作りました。

 

FUJINETによる6月1日国際子どもの日 ティーブレイクでは様々なお菓子、果物、飲み物が提供されました。

 

取締役が子供たちにお祝いの言葉を述べました。取締役が子供たちにお祝いの言葉を述べました。

 

FUJINETによる6月1日国際子どもの日 良い成績の子供たちへ奨学金が贈られました。

 

FUJINETによる6月1日国際子どもの日 「家族のお互いの理解」というゲームでは、子供と親の答えが一致するかを競いました。

 

FUJINETによる6月1日国際子どもの日 親は緊張して、子供たちの競争を見ていました。

 

FUJINETによる6月1日国際子どもの日 皆は「小さいマジシャン」のマジックパフォーマンスの連続にびっくりしました。

 

FUJINETによる6月1日国際子どもの日 子供たちは自信のある歌や踊りを披露しました。

 

FUJINETによる6月1日国際子どもの日 5歳以上と5歳以下にわかれてそれぞれで競争が行われました。

 

FUJINETによる6月1日国際子どもの日 イベントの最後に、魅力的な抽選が行われ、ラッキーナンバーを持った3家族が選ばれました。

 

子供たちは、学校に行けず、友達や教師にも会えない長い期間が終わり、子供の日に、家族と一緒にゲームをして楽しい時を過ごすことができました。また、取締役からは、仕事も大切ですが、社内活動を通して子供の世話や教育にも時間をかけ、幸せな家庭を作りましょうというお話がありました。家族がつながっていれば、会社にも貢献し続けることができます。

 

会社のファンページで最新情報をご覧ください。

FUJINET SYSTEMS JSC (https://facebook.com/FujinetSystemsJSC)


お問い合わせ・見積依頼


ベトナムオフショア開発に関するご質問、
FUJINET SYSTEMSの視察、システム開発のご相談・見積依頼など、お気軽にお問い合わせください。

ご相談 ベトナム電話: 09-0836-4397
ご相談 ジャパン電話: 03-5579-9961